【左ひざの内側が痛いんです】

8月1日(水)【本日の予約状況】午前9時と11時に予約の空きがあります。

 

【左ひざの内側が痛いんです】

みなさんおはようございます!京都市山科区の渋谷街道沿いにある「痛みの先にある本当の困りごとを解決する」じとう接骨院の院長、地當です。

 

仕事とソフトバレーボールを楽しんでおられる40代男性です。

月に1度、メンテナンス治療に通院されています。

 

患「7月8日日曜日のソフトバレーボールの練習中、ボールを拾う時に左膝を強打しました。その日は痛みも腫れもなかったのですが、次の日に腫れてきて痛みが強くなってきました。それから少しずつ痛みはひいてきているのですが、あぐらをかいていて足を伸ばす時に膝の内側が痛いです。今年度からソフトバレー部の部長になったのに、痛みがあると困るんですよね」

ということです。

まずは、痛みの出る場所を確認させていただきます。

大腿骨の内側上顆を圧迫すると痛みを訴えられます。

膝の内側にある半月板と内側側副靭帯の損傷がないか確かめるためにマックマレーテスト、外反ストレステストと前十字靭帯の損傷がないかを確かめるために前方引き出しテストを行いました。

 

どのテストも陰性です。

 

膝を伸ばす時、大腿骨内側上顆に痛みを感じるということで大腿四頭筋の内側広筋が痛んでいることが痛みの原因だと判断しました。

 

施術していると膝関節の関節包にも動きの悪さを感じます。

同時に治療を施し、あぐらをかいていただき暫く世間話をさせていただいてから膝を伸ばしていただくと

患「あれ?痛みなく伸ばせますわ(笑)」

 

原因をしっかりと把握できると改善するのも早いですね。

 

お役に立ててよかったです、部長頑張ってください!

 

 

【それでは明日以降の予約状況です】

8月2日(木)は午後4時5時6時の予約に空きがあります。

 

じとう接骨院の施術は、

 

問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める

原因と症状両方にしっかりアプローチする

改善すべき習慣等をわかりやすく説明する

しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

 

という方針でやらせていただいております。

 

 

 

当院は、「傷ついて」日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みでクヨクヨと過ごしているあなたの「困りごと」を解決することによって、「生き生き」と「ありのままの自分」として輝いていただくことを目標としています。

 

 

 

院長が1人で責任を持って全ての患者さんに対応し、よくお話を聴かせていただき「原因」をしっかりと把握してからそれぞれの状態に合わせて治療を行います。

また、何故その治療が必要なのか、どのくらいの頻度で通院すれば良いのか、日常での注意点を丁寧に説明いたします。

 

 

体に痛みや不調を感じている方は、是非一度、私に相談にいらしてください。

じとう接骨院は、自分の事を表現するのが苦手で痛みや不調をお話する場所が無い方のために「安心安全な場で、ありのままのあなたを取り戻すことが出来る場所であるよう」いつも笑顔であなたをお待ちしています。

 

当院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。

長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

 

自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

 

院長 地當 健一

 

*************************************

 

初回8,640円

2回目以降 6,480円

 

*************************************

 

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。

じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

 

 

診察時間:

 

平日8:30~12:30、16:00~20:00

土曜日8:30~12:30

 

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7

075-595-0889(オハヤク)