「膝の痛みがある方へ!簡単に出来る初めの一歩二歩」

「膝の痛みがある方へ!簡単に出来る初めの一歩二歩」

 

京都市山科区の渋谷街道沿いにある「ありのままのあなたを取り戻す」治療院、じとう接骨院の院長地當です。

 

寒い日が続きますね、私は寒がりなので早く温かくなってほしいものです。

 

私は、ほぼ毎朝近くのコンビニにコーヒを買いに行きます。

 

そこで、ある光景を見かけました。

 

コンビニで買い物を終えた男性が店の前にある横断歩道を渡ろうとされたときに歩行者用の信号が点滅しました。
それを見て小走りになった瞬間、「ズテ」っと膝から崩れ落ちてしまわれたのです・・・地面が凍結していて足を滑らせてしまったのですね・・・「イテテテ」

 

男性は直ぐに体勢を立て直し無事に横断歩道を渡って行かれたのですが、足を引きずっていられました。

その後どうなられたかが心配です。

 

 

と言う事で今日は、膝が痛くて困っている方に膝の痛みは改善すると言う事について書いていきます。

 

これを読むことで、膝の痛みで小走りが出来ない、正座が出来ない、立ち座りがし難い、階段の昇り降りがし難いと言ったことが原因で仕事を止めなければならないのではないか、この先一生膝の痛みと付き合っていかなければならないのではないかと不安になっている方に「そんなに簡単なことをするだけで膝の痛みが無くなるのか!」と言う希望を持っていただけます。

 

 

 

私が言いたいことはズバリ

 

「自分を見つめなおすことが改善の第一歩です!」

 

と言う事です。

記事の初めに書いたような転倒して打撲したなど原因がはっきりとしている場合(膝の中に大きな損傷がある場合は除く)は、安静、冷却、固定、挙上と言った対処をして痛みを早くに取り除いてあげることで膝の痛みは短期で改善します。

 

しかし読んで頂いている方の中にはここ数ヶ月、もしかしたら何年も前から膝が痛くて困っている方もおられると思います。
その様な場合は、一括りに膝が痛いと言っても一人一人原因が違うのです。ですから、安静、冷却、固定、挙上と言った処置をしても改善しない場合があります。

 

ある方は、1年以上前に転んで膝を打って暫くは痛みがあったがそのうち治まったのでそのままにしていたら、ある時から痛みが出だした方。

 

また、まったく身に覚えが無いのに気が付いたら正座が出来ないくらい膝に痛みを感じてしまって困っている方。
そんな方が多くおられます。

 

それぞれの原因をハッキリとさせないと改善へのめどは立たないのですが、長期間膝の痛みで悩んでいる方には共通点があります。

 

それは身体のバランスに偏りがあると言う事です。

 

改善に向けて重要なポイントは3つあります。

・自分の身体の癖を観察して自分のバランスを認識する
・第3者の力を借りて、客観的に観察してもらう
・癖を認識したら正しい癖が身につくまで諦めずに続ける

と言う事です。

 

まとめると、改善の糸口は自分のやっていることを見つめなおす。「現状認識をする」と言う事です。

 

そうすることで、膝の痛みで小走りが出来ない、正座が出来ない、立ち座りがし難い、階段の昇り降りがし難いと言ったことが原因で仕事を止めなければならないのではないか、この先一生膝の痛みと付き合っていかなければならないのではないのかという不安の解消のはじめの一歩になるでしょう。

 

 

はじめの一歩として、

先ずは全身が映る鏡の前に立ちましょう。出来れば、ご家族や知り合いの方も一緒に観てもらいましょう。

 

そして、自分の姿をよく観察してみてください!

足元から
・つま先の向き
・膝のお皿の向き
・太腿の向き
左右差をよく観察してみてください。

次は、お臍!
服を少しまくり上げましょう、真っ直ぐ向いているでしょうか?観察しましょう。

肋骨はどうでしょう、どちらかの肋骨が目立ってると言う事は無いでしょうか?

肩はどうでしょうか?左右を比べた時に
右肩が下がっている、左肩の幅が狭く見える、どちらかが前に捻じれている
など無いでしょうか?

本人は真っ直ぐに左右対称に立っているつもりでも、じっくりと観察すると・・・意外や意外、こんなに傾いていたんや・・・捻じれていたんやと言う事が多くあります。

 

ご家族や友人と一緒に「ここ歪んでるで、下がってるで」とやってもらうと一人でにらめっこするよりも多くの気づきがありますよ!

 

自分の身体をよく観察出来たら、左右対称になるように心がけましょう・・・
って何をしたらエエネンって感じですよね。

 

ですので、もう一歩進みましょう!

 

 

二歩目は、「つま先を左右平行にする」と言う癖をつけてください。

 

膝に痛みがある方はつま先の方向が片方もしくは両方が外向きになっていることが多く見られます。

 

「つま先を左右平行にする」ことで身体のバランスが整い始めます。

 

是非、膝の痛みでお困りの方は

 

一歩目「現状を認識し」

 

二歩目「つま先の左右平行」と言う新しい癖をつける

 

と言うことにチャレンジしてみてください!

 

人は、120日間あれば新しい習慣が身につくと言います。諦めずに続けることで膝の痛みに悩まされない快適な日常が過ごせるようになるかもしれませんよ。

それでも痛くてどうしようもない場合は「じとう接骨院」075-595-0889へお電話を!!!

もしつながりにくい場合は繰り返しお電話ください。

 

じとう接骨院の施術は、

問診と検査によって症状の原因をしっかりと見極める
原因と症状両方にしっかりアプローチする
改善すべき習慣等をわかりやすく説明する
しっかりとした治療計画を立て、症状改善までしっかりお付き合いさせていただく

という方針でやらせていただいております。

 

当院は、「傷ついて」日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みでクヨクヨと過ごしているあなたの「困りごと」を解決することによって、「生き生き」と「ありのままの自分」として輝いていただくことを目標としています。

 

院長が1人で責任を持って全ての患者さんに対応し、よくお話を聴かせていただき「原因」をしっかりと把握してからそれぞれの状態に合わせて治療を行います。
また、何故その治療が必要なのか、どのくらいの頻度で通院すれば良いのか、日常での注意点を丁寧に説明いたします。

体に痛みや不調を感じている方は、是非一度、私に相談にいらしてください。
じとう接骨院は、自分の事を表現するのが苦手で痛みや不調をお話する場所が無い方のために「安心安全な場で、ありのままのあなたを取り戻すことが出来る場所であるよう」いつも笑顔であなたをお待ちしています。

当院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

院長 地當 健一

*************************************

初回8,640円
2回目以降 6,480円

*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:

平日8:30~12:30、16:00~20:00
土曜日8:30~12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)