原因不明の首痛で息苦しくなって不安を感じていませんか?

「原因不明の首痛で息苦しくなって不安を感じていませんか?」

 

みなさんおはようございます!京都市山科区の渋谷街道沿いにあるじとう接骨院の院長、地當です。

 

30代の主婦が「首が痛い」という事で来院されました。
「10日ほど前に突然首の付け根付近が痛くなって、今は息をするだけでも苦しいです!」という訴えです。

痛みだした翌日に鍼治療をうけられ、一時的に楽にはなりましたが、しばらくするとまた痛み出し、息をするのも苦しいほどの劇痛に襲われたという事です。

 

あまりの痛みで心配になり、病院で検査を受けられましたが、骨や神経には異常なしという事で痛み止めの薬を処方され、3~4日程で少し痛みが和らぎました。ところが、寝ても良くならない、自由に動くことができないということで、友人に相談したところ当院を紹介されて来院されました。

 

痛みの原因がはっきりとわからない事がご不安なようです。お顔も随分と沈んでおられるように見受けられました。

そうですよね…。子供さんもまだ5歳ということで寝てばかりもいれらませんし、ご主人は日中はお仕事で家事を手伝ってもらうこともできません…。

 

子育ては、自分のペースで行えるものではありませんしね。子供はお母さんがしんどそうなのは分かっていても、自分が甘えたい気持ちの方が強く出てしまうのは仕方のないこととはいえ、急に後ろから飛びつかれると思わず振りほどきたくなってしまいますよね…。(同じく子育て中なので同じような経験があります^^;)

 

今まで意識することもなく行っていた呼吸を、する度に苦しさを感じるなんて体験はあまりありませんよね。「もしかしたら、もっと深刻な病気があって痛みが出ているのでは…」などなど痛みだけでなく精神的なストレスも溜まり、ますます不安になってしまいますね。

 

詳しくお話を聞かせていただくと、

 

  • 子供さんは5歳でも甘えて抱っこをする時間が長く、常に半径5センチ以内にいなければ不機嫌になるため(大変ですよね)、右手は用事をするために空けておき、左手一本で抱っこをされている
  • 時間の空いた時はスマホをよく使っている
  • 手の痺れはなく、吐き気もない

という事です。

 

続いて検査をさせていただきました。

 

  • 姿勢評価で、側面の肩の先端と耳の穴のライン見た時に、耳の穴が3センチほど前方にあります。
  • 前面から見ると、左の胸郭が挙がってしまっています。
  • 顔を右に向けにくく、顎を引いてもらうと左の頚の後ろから前にかけて痛みが走ることが確認できました。

 

伺ったお話と、当院での検査、病院での検査結果も参考にさせていただいた上で、今回の痛みを引き起こしている主な原因は、「左の胸鎖乳突筋」の状態の悪さにあるのではないかと判断しました。

 

【胸鎖乳突筋の位置】

 

【胸鎖乳突筋の働き】
胸鎖乳突筋が片方収縮すると、顔を反対側にまわし、やや斜め上に傾けます。顔を回す時に反対側の胸鎖乳突筋を触れるとその収縮が良く確認できます。
胸鎖乳突筋が両方収縮すると、顎を引き頷く方向に引きます。また胸骨と鎖骨についている事から、顔が固定された状態でこの筋肉が収縮すると胸骨と鎖骨に作用し、呼吸の補助筋としても働きます。

 

  • 顔を右にむける時に痛みが出ること
  • 左で子供さんを抱っこされており左の頚に力みが入りやすい状況であること
  • スマホを使う時の姿勢で頭部が前方に有りがちであること
  • そして胸鎖乳突筋は呼吸の補助としても働いていますので、この筋肉の状態が悪くなると呼吸するときに痛みを感じることがあるということ

 

以上から、解剖学の本を実際に見てもらいながら、以下のように説明させていただきました。

 

  • 痛みの原因が内臓にある可能性も否定はできませんが、病院の検査で骨や神経に異常がなく、動くたびに痛みを感じるということから、筋肉が原因である可能性が高いです。
  • 頭の重さは約4キロあります。スマホを使う時に頭が前に倒れていると、全身の筋肉を使って頭を支え続けるので、意識していなくても筋肉が疲労してしまいます。
  • 筋肉の繋がりから見て子供さんをいつも左腕で抱っこすることにより、腕だけでなく肩や首にも負担が掛かっています。
  • 痛みの出ている場所で、呼吸と関連している筋肉は「胸鎖乳突筋」です。

 

このように説明したところ、納得していただけたようですので施術に入らせていただきました。
胸鎖乳突筋だけでなく頚から腰にかけての筋肉の張りも強かったので、全体の筋肉の張りを緩めつつ、骨格のバランスも整え施術を終了しました。

 

施術後は、「頚の痛みは残っているけど、息がしやすい。生き返った気がします、良かった~!」と笑顔が出ていました。改善の見込みがありましたので、2日後に次回の予約を取って頂きました。

 

今回のような痛みは原因が分かりづらいですよね。
痛みは勿論辛いのですが、原因が分からない事で、「もしかしたら生死に関わるような病気ではないか」と不安が強まり、その不安が精神的なストレスとなって交感神経の興奮が続く。交感神経の興奮が続くことで血流が悪くなり、筋肉の状態が悪くなっていく、という悪循環になっていたようです。

 

当院では、患者様のお話を「よく聞き」、本当の困りごとを共有し、検査で患者さんが自覚していない所に原因が無いのかを探ります。専門家としての見解をお話ししますので、不安があればその時に何でも聞いてください。そこでお互いに納得してから施術に入らせていただきます。

 

早く、痛みが取れて笑顔で家族と過ごせるようになると良いですね。
同じようなお悩みを抱えていらっしゃる方で、どうしても早くに痛みから解放されたいという方は、じとう接骨院までご相談くださいね。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************

  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円

*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30~12:30、16:00~20:00
  • 土曜日8:30~12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)