雑巾を絞ると肘に痛みを感じて困っていませんか?

「雑巾を絞ると肘に痛みを感じて困っていませんか?」

 

みなさんおはようございます!京都市山科区の渋谷街道沿いにあるじとう接骨院の院長、地當です。

40代主婦の方が「左の肘が痛みます」という事で来院されました。
「炊事の時に重い鍋を持ったり雑巾を絞ると左肘が痛いんです」ということです。

 

お話をよく聞かせていただくと

  • 1か月半ほど前から痛み出した
  • 重たい鍋を持ち上げると肘の外側が痛む
  • 雑巾を絞ると外側が痛む
  • 痛い場所に湿布を貼ると痛みが和らぐ

という事です。

 

主婦にとって雑巾を絞る、お鍋を持ち上げると言ったことは日常生活の一コマで特別な事では無いはず。その日常生活の一コマで痛みを感じるのは苦痛ですよね!思わず眉間に皺がよってしまいます。ニコニコと家族に接することも難しくなってしまうかもしれませんね…。何とか痛みを取り除かなければなりません。

 

この方は週に3~4回保育園にて保母さんとしても勤務されています。仕事では子供さんを抱っこする、子供用の机を移動させる等腕に負担のかかることも多いそうです。仕事でも痛い顔をしていると幼い子供たちに「どうしたの先生?」と心配をかけてしまうかもしれませんね。

 

しかし、今の職場で働きだしてから4年近く経たれるのですが、肘が痛み出したのはここ1か月半くらいからです。
「痛みが出る頃に何かいつもと違う負担が掛かりませんでしたか?」とお聞きすると、「ちょうどその頃に主人が左の親指を痛めたみたいで、そこを結構長い時間マッサージしてあげていました。」という事です。

 

そこで検査した結果、

トムセントスト(肘を伸ばした状態で、手首を反らすことに対して抵抗を加えることで痛みを誘発するテスト):
肘の外側に陽性反応(痛み)が出ています。
中指伸展テスト(ピンと伸ばした中指を押さえることで痛みを誘発するテスト):
肘の外側に陽性反応がでています。
肘の外側に圧を加えると強く痛みを訴えられます。

 

聞かせて頂いたお話と検査から、ご主人の指をマッサージしてあげる際に肘関節を伸ばした状態で手首を返し、普段使わない指の使い方をされていたことが原因で、上腕骨外側上顆炎になってしまったのではないかと判断しました。
 

上腕骨外側上顆炎の症状は、物を持ち上げる瞬間に肘が痛くなるとか、物をねじる瞬間に肘が痛くなるとかなどが見られます。お鍋を持ち上げる動作、タオル絞りなどの動作を行うことで肘が痛くなったり、テニスをするときにラケットをバックハンドでにぎってボールを打った瞬間に肘が痛くなったりします。ですが、安静時には痛みは出てきません。

 

解剖学の本を観ていただきながら以下のように説明しました。

 

【現状と原因について】
  • 痛みは肘の外側に出ていますが肘関節の問題では無く、手首や指の関節を動かす筋肉がついている場所である外側上顆という場所が痛んでいるのです。
  • 手首や指の使い方に問題があるのです。
  • 特に先ほどの外側上顆から中指にかけて着いていて手首を外にそらす仕事をしている短橈側手根伸筋が痛みをおこしていることが多いのです。
  • 関節に遊びが無い状態(完全に曲げている、完全に伸びている)で、力を入れて筋肉を使うとその付け根付近の骨に凄く負担が掛かり「炎症」をおこしてしまいます。
  • なぜ、その筋肉や骨に負担をかけてしまったのでしょうか?恐らくですがご主人の指をマッサージしてあげる際に少しでも力強くマッサージしてあげたいために肘関節を伸ばした状態で長時間、手や指を使ってしまったのではないでしょうか。
  • 一度や二度ならば炎症はそれほど酷くならずに治まったかも知れませんが、毎日続けてしまうと炎症が治まらないうちに新たな負担が掛かってしまい、少しの刺激で痛みを感じてしまうほどの炎症になってしまったのです。
【施術について】
  • 先ずは今起こってしまっている炎症を治めるための処置をしましょう。
  • その次は、硬く強張ってしまっている筋肉を和らげましょう。
  • そして、負担のかからない腕の使い方を覚えましょう

 

と説明させていただいたところ、「お願いします」お返事いただきましたので、炎症の起きている場所を冷やしてから強張っている筋肉を施術させていただきました。

 

施術後「まだ痛みますが、半分くらいになりました」という事でしたので、キネシオテープで痛めている部位を保護しました。また、「日常生活では肘を伸ばしきった状態で物を持たないという事だけを注意してください」とアドバイスをさせていただき、一週間以内に次回の来院をお願いして終了させていただきました。

 

当院では、患者様のお話を「よく聞き」、本当の困りごとを共有し、検査で患者さんが自覚していない所に原因が無いのかを探ります。専門家としての見解をお話ししますので、不安があればその時に何でも聞いてください。そこでお互いに納得してから施術に入らせていただきます。

 

早く、痛みが取れて痛みを気にすることなく仕事や日常を過ごせるようになると良いですね。
同じようなお悩みを抱えていらっしゃる方で、どうしても早くに痛みから解放されたいと言う方はじとう接骨院までご相談くださいね。

 

当院は、日常生活をニコニコと過ごすのが辛いほどの不調や痛みで傷ついているあなたの「なんで?」を明らかにし、あなたの「困りごと」を解決することによって、活き活きと過ごしていただくことを目標としています。

 

じとう接骨院は完全予約制のため、一日に対応できる患者さまの人数に限りがあります。
長年の痛みや保険が使えない症状である、慢性的な腰痛や肩こりの辛さや不安から解放されたいという方は、お電話で予約を確保いただくようお願いいたします。

 

当院では、急性の外傷以外は自費で承っております。自費治療では保険治療ではできないようなオーダーメードの治療をすることができます。

*************************************

  • 初診料 2,160円
  • 施術料 6,480円

*************************************

受診をご希望の方は、075-595-0889まで、今すぐお電話ください。
じとう接骨院サイトhttp://jitohone.com/ ←こちらも見てくださいね。

 

診察時間:
  • 平日8:30~12:30、16:00~20:00
  • 土曜日8:30~12:30

〒607-8077 京都市山科区音羽沢町10-7
075-595-0889(オハヤク)